債務整理とは

借金というのは、上手く利用すれば人生を豊かにすることが出来る手段です。しかし、利用の方法を間違ってしまうと、人生全体を大きく踏み外すことになってしまうものでもあります。ここでは上手く借金を利用することが出来ず、問題が発生した場合に利用することになる「債務整理」というものについて紹介します。

債務整理は大きく3つの種類があります。1つめは「任意整理」というものです。これは貸主と相談をして、今後の返済については利子をなくし、元金だけの返済にしてくれないか、ということを調整することです。これは金融会社にとってはマイナスの決断となるため、大きな理由がない限り認められるのは難しいと言えるでしょう。ただ、金融会社にとっては元金すら取れなくなってしまうのが最も損失が大きいため、それを回避するために応じてくれる可能性もあります。

2つ目は「民事再生」です。民事再生法を利用し、司法判断として減額を行うものとなります。任意整理よりも重い処置です。最後に3つ目は「自己破産」です。すべての資産を放棄することを条件として、債務を無くす、というのがこの方法となります。最終手段であると考えるべき手法です。さて、ではこれらの債務整理を行っている間でも、お金が足りなくなってしまうことはあるでしょう。そういった時には、債務整理中であっても新しく借り入れを行う事ができるのでしょうか?ここでは債務整理と借り入れについて紹介します。