露見しなければ良いが

ただし、債務整理中に借り入れを行ったとしても、そのことが今債務整理をしている金融会社に露見しなければ問題はありません。個人の金融の情報というのはJICCやCICという金融情報機関に収められており、ここに照会することで閲覧することが出来るようになっています。ただ、ここに対する照会というのは個人情報保護の観点から、当人が融資を依頼してきた場合にしか出来ないものとなっています。

そのため、何かしらの情報が無い限り、債務整理中であってもその人の情報にアクセスすることは出来ず、普通は借り入れをしていることは露見しません。とはいえ、何かしらの別のルートにおいて債務整理中の借り入れが知られてしまえば、前ページのように交渉が完全に座礁してしまう可能性もあります。十分注意を測り、できれば借り入れを行わない、というのが最善の選択肢であることは変わりません。

この場合、代理人である弁護士としても話が違うということになってしまうため、交渉のテーブルから降りてしまう可能性があります。味方側に対しても信頼を失う行為となるため、絶対に行なわないようにしましょう。事前に弁護士からはこういった点については注意がされるのが普通です。