破産処理中

では最後に、任意整理ではなく自己破産処理を行う場合についても考えます。自己破産処理というのは「免責許可」というものが出ることによって失効することが出来るようになります。免責許可というのは、債務に関する責任を免ずる許可のことを指しています。これについては、どんな借金でも降りるわけではありません。例えばギャンブルや投資のように、明らかに借りた側に責任がある場合については、免責許可が下りないことになっています。

これと同様に、破産処理を行っている間に新規に借り入れを行っていることが露見すれば、借金癖がある人物であり、借金の責任は本人にあるとみなされてしまうこととなり、免責許可が下りなくなってしまう可能性が高いということです。

これについては民事再生を利用する場合においても同様で、途中で露見してしまうと執行を停止される可能性が高いことになります。これらの処置においても任意整理と同様、あまり露見することはありません。しかし、露見してしまうと最後の逃げ道も利用することができなくなってしまう可能性がある、非常にリスクが高い方法であることは理解して置かなければなりません。そもそも、整理中にお金を貸してくれる金融機関も少ないのですが。